FC2ブログ
糖尿病になって試したアレコレ ホーム »2014年10月
2014年10月の記事一覧

フリーエリア

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

白内障について(2)~合併症のひとつですね~  

~つづき~
ところで確かに目にメスを入れると言うのは怖いですが見えなくなる事に比べれば怖い事はないですが、最近はよく目にする「日帰り白内障手術」と言うのが有りますが、聞くところによると手術方法が何か怖いですね、やっている事自体は変わらないですが私の受けた入院手術の場合一人ずつ手術室に手術着・専用の履物で入り手術を受け、片目2日程度入院で行うの対して、日帰りの場合は噂では何人かの患者を着て来た服のまま同じ部屋に並べて何人か寝かせて順次行う、翌日に来院し眼帯を外しまた翌日検査となるようです。潔癖症と云う訳ではないですが、どうにも雑に感じてしまいます。まあ履物ぐらいは履き替えてると思いますが・・・
感染症が怖いので私の場合、手術室で手術を受けれたことは幸運だった様に思います。医療事故があったか知らないだけなので何とも言えないし同意書を出しているので法的には出てこないんだろうけどね・・・
  術後は裸眼で左右1.2となり退院後すぐに警察署で眼鏡等の条件をはずせて良かったし大変楽になりました。たった10分程度(準備込み)の手術でこんなに見えるなんてレンズを埋め込んでいるのでコンタクトの様な管理はいらないが老眼鏡がいります。遠近の物もありますが当時は健康保険もきかず、かなり高価で、もっともこの病院では対応していませんでした。遠近できればもっと楽だったでしょうがね






(よいお出汁で塩分カット)





スポンサーサイト

category: 白内障について

tb: --   cm: 0

白内障について(1)~合併症のひとつですね~  

 白内障は糖尿病の合併症のひとつですが、加齢でもなりますから誰でもなり得る病気ですね。どんな症状かと言うとも、もやの様なものが目の前に有りとにかく見にくく、夜は車の運転もしにくい、対向車のライトは恐怖に感じます。物が二重に見え私の場合は道路脇の白線がVに広がっていく様に見えていました。当然手元のちょっとした作業もしにくくなつてしまいました。それから以前はメガネを掛けていたのでメガネを作ればと思いメガネ屋に行きましたが検査で測れないと言われどうしようもなくなり、そこで前出の主治医に相談したら「そんなことはどうでもいい、私の治療方針に従え!」と信じられないやら、呆れるやら、まあその先生とはそれきりですが仕方なく総合病院の眼科の先生にお願いした所、血糖値も高いのでそのままでは手術もできないので二ヶ月間入院して血糖値をコントロールしてから手術をする「強化法」(記憶違いだったらゴメンナサイ)と言う方法で行う事になりました。それから二ヶ月間手術へ向けて入院となりました。~つづく~





(よいお出汁で塩分カット)




category: 白内障について

tb: --   cm: 0

バナジュムイオン水について(3)~液体サプリメントだよね~  

~つづき~

やはり水分補給のかなりの比重をVa水で占める様にしないと「完治」と言われないのかと感じています。ただその様にしても全てが「完治」とはならないのが不思議です。「糖尿病ゼロ革命」と言う本ではVa水がインスリンと同じような働きをするとありますから、インスリン注射と同じで飲んでる間、膵臓の負担の軽減して膵臓を休ませてその機能を回復させると言うことです、本を読んでいくと肝臓や腎臓に取り込まれ効くようです。
また濃度に付いても0.7~0.9μg/mℓが最適となっていますが、最近はなぜか 120μg/1000mℓ程度の表示が多く成ってきてるようですが、高ければいいのかわかれませんね。ちょっと前々から気になっていた事ですが、この本に書かれている様なバナジユウム含有水を常日頃から飲んでいる地域では糖尿病の人はいないのか?特に書かれている相模川水系(他の地域も記載されています)の地域では含有量も高く常用すれば糖尿病又は肥満症を発症しないのかな?と思えますがどうなんでしょう。私の場合Va水を飲んでいたのに段々と変化が弱く感じられて、なぜかVa水に対して耐性的なものがあるのかと感じます。
 賛否色々なサイトがあるので気になる方は参考にされるとよいですね。


自由テキスト











category: バナジュウムイオン水

tb: --   cm: 0

バナジュムイオン水について(2)~液体サプリメントだよね~  

~つづき~
それから半年程度飲んでいたのですが、もういいかなと思いやめてしまいました。その時この糖尿病が原因なのか「ちくのう症」が悪化してタンがからむ様になりましたその為、シュガーレスのボトル入りガムをよく噛んでいました。シュガーレスだから良いだろうと、ボトル入りなので数に関してマヒしてしまい数多くかみすぎてしまい、しばらくして「ちくのう症」の手術をすることになり手術前検査で血糖値異常となり、コントロール入院となりました。この時また前出の友人にお願いして3ケース(6×3×2ℓ)を分けてもらい入院中飲んでいました。(インスリン注射+Va水+運動)でみるみる血糖値は下がっていきました。半月ほどで退院となり総合病院の主治医も驚いていました。その後は(処方薬+Va水+運動)で半年後「ちくのう症」の手術をしました。手術自体は麻酔をしているのでそれほどではないがその後、副鼻腔内に詰めたガーゼを抜くのがあんなに痛いモノだとは知りませんでした、聞いた例えでは「出産の痛み」らしく男性でも気絶する人もいるそうです。話をもどしますがこの頃から色々なVa水を飲んでみました。そうすると調子のいい物とあまり良くない物とありました、中には無料でくめる「道の駅富士吉田」等もありましたが、どうやら私には富士吉田近辺よりも朝霧近辺の物のほうが合っているよ様です。Va水自体違いはあまり無いと思うのですが4価・5価の違いが有るようですがそこまではわかりません。
 私の場合朝霧周辺の物の方が血糖値が下がった時の安定性よい様に感じています。個人の感覚なので分りませんが、やはり地域によって多少含まれる成分に差がありそれが個人差につながっているのかな~ぐらいに感じています。
~つづく


自由テキスト



category: バナジュウムイオン水

tb: --   cm: 0

バナジュムイオン水について(1)~液体サプリメントだよね~  

 バナジュムイオン水(以下Va水)は糖尿病になってから初めて試したものでした。友人に血糖が高いと言ったら紹介され、飲み方と効能を説明され当然半信半疑で飲み始め、運動としてウオーキングも始めました。今では一般的になりましたがとにかくやって見るしかなく、三月後の再検査に向けて言われるがままVa水+運動で再検査、結果正常値となり様子みとなりました。
 「これはすごい事なんだろ!!」と思いました。まだこの時、糖尿病を甘くみていました。またこの頃Va水を分けてもらった友人のお父さんも糖尿病でコントロール入院もした事が有るのに、一年も掛からずなんと「完治」と言われ、それから約6・7年は良かった様ですがその後、Va水を飲んでいたのにもかっかわらずまた血糖値が上がったようです。その後の様子は聞いていませんが、この方の場合ほぼ全ての飲み水をVa水で賄っていたようでこの様な結果がでたようです。薄給のサラリーマンには少し難しいケースの様に思われました。また約10年前は田舎では今のように手軽にドラックストア、ホームセンター、ウオーターサーバー等では買えず、また価格も高かったので大量に使う事もできませんでした。また最初に分けてもらった友人にもいつまでも甘える訳にもいかず、ネットで違うメーカーの安価な物を買う事にしました。~つづく~







category: バナジュウムイオン水

tb: --   cm: 0

ちょっと一息 効いた温泉(1)~入浴後五十肩がアレアレ?!!~  

四十肩・五十肩どちらも同じ症状で、五十と言われるよりも四十と言われる方が若く聞こえるからとか以前テレビで言っていた覚えがあります。糖尿病には直接関係ないと思いますが、糖尿病の治療を始めた頃とその1~2年後にと二度なりました。始めは「ひどい肩こり」かと思いましたが、腕が痛みで肩より上に上げるのが困難になり、両肩から二の腕にかけてこう薬(〇〇パスとか)だらけに成ってしまいした。その頃大型バイクに乗っていてバカなものでそんな状態でも乗りたくなり「湯治」と言い聞かせ温泉めざしました。ジャケットを着るにもヒイヒイ言ってたのに良く行ったものです。当初目的としたのは、山梨県北杜市須玉インターから30分ぐらいの「黒森鉱泉」を目当てに向かいました。しかしここは完全予約でダメでした。ここは後で知ったんですが源泉が「エメラルドグリーン」らしく効能も強い様で「ガン患者」の方がよく訪れる宿のようですが現在は営業していないようです。話を戻します、仕方なくが近くを見て回るとその地区で営むそば屋さんがありそこに「みずがきランド」が併設されていて入浴施設も有ると聞き入浴しました。入浴後来た時と同じようにこう薬を貼りまくりジャケットを着ると着やすいと思い『少しは効いたか?』位に感じました。翌日から忙しかったのもあって肩の痛みの事を忘れていました。そのまま忘れるところでしたが1~2年後にまた同じ症状に成ってしまいました。やはり「みずがきランド」を思い出し今度は直行で行きましたが出発時間が遅かったため約30分程つかって帰って来ましたが帰宅してココからがアレアレで、こう薬を貼っていないのに気が付きました。 これは俗に言う『つえ忘れの温泉』なのかとおもいました。この場合こう薬忘れですがそのままこう薬を貼らずにすんでいます。しかし二年ほど前に久しぶりに「みずがきランド」に行ったのですがそば屋さんは営業していたのですが「みずがきランド」は営業しておらず、そば屋さんに聞くと諸事情あって営業していないとの事、実に惜しいHPは残っているしGoogleのマップの航空写真には駐車車両が写っているし・・・また入浴できる日が来る事を望みます。たぶん神経痛に効くと思いますからです。ともあれその日は仕方なく山を越えた所にある「増富ラジウュム」に寄って帰りました。ここも効能が糖尿病・通風・筋肉疲労・精神疲労 等の病気に良い放射能泉で有名な温泉です。冷泉にゆっくり浸かりポカポカに温まって帰りました。初めて入るとなかなか冷め無いのに驚かれるとおもいます湯治にはかなりお勧めです。 これからのシーズンは紅葉もきれいで松茸を売っている所もあります。







category: よりみち

tb: --   cm: 0

フリーエリア

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

FC2カウンター

フリーエリア

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。