FC2ブログ
糖尿病になって試したアレコレ ホーム »「合わなかった薬膳?」
カテゴリー「「合わなかった薬膳?」」の記事一覧

フリーエリア

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「合わなかった薬膳?」  

「合わなかった薬膳?」
 とにかく当時の主治医は診察の際、検査結果が悪いと「自分の治療イメージと違う」と機嫌が悪く、何かと嫌味を言われた。しかし食事にしろ運動にしろ言われる様にやってるのに一行によくならない。自分でも何とかしょうと仕方なく中国四千年の歴史「薬膳」しかも悪い所の物を頂くという事で、膵臓を薬としてみようということで”豚の膵臓”を使ったスープを作って一月ほど食べて見ました。作り方は色々有るみたいなので興味のある方は検索してください。
私の場合は レシピ上は 豚の膵臓、山芋、ネギ、豆鼓(無かったので味噌)を使用(以前見たサイトが不明の為分量は不明)早い話味噌汁になりました。豚の膵臓は近所のスーパーが「取寄せ承ります」となっていたので、1kg程(最小単位の為)発注二・三日で来ました、肉屋さんでも可能かと思います。これを1回分ごとに切り分け冷凍しました。金額は数百円だったと記憶しています。
 鍋に材料を入れこれを煮込み毎晩約一月食べました、最初の二週間は何か体調がよく感じられ血糖値も下がったんですが、やはり”味に飽きてしまいました”そうすると徐々に血糖値も元に戻ってしまいました。やはり漢方医的な指導が必要なのかと思いました。 豆鼓は味噌で代用可だったはずなので大きな間違いではないはずです。しかし何処かに間違いがあったんでしょうね
 我説ですが元々このスープは弱くなったインスリンの分泌量を豚の膵臓を食べる事で補い、その間に自分の膵臓を休ませ、そして回復させると言う現在のインスリン注射による治療と同じような考え方のようですね。インスリン注射をするとずっとしなければいけないように思いますが、一定期間使用して膵臓を休ませるのがかなり良いようです。
 しかし私にはこのスープの味とか調理の下ごしらえとかも好きになれませんでした。しかもあまり良い結果も得られずどうにも合いませんでした。よく一月近くやったもんだとおもいます。




スポンサーサイト

category: 「合わなかった薬膳?」

tb: --   cm: 0

フリーエリア

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

FC2カウンター

フリーエリア

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。