糖尿病になって試したアレコレ ホーム »よりみち
カテゴリー「よりみち」の記事一覧

フリーエリア

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「神乃湯」とは  

 長野県の諏訪湖から車山に向かう国道142号線の途中に在る「毒沢鉱泉」の三軒の宿の内の一軒です。(全国的には幾つか同名の温泉があるようです今回はこちらです)
 毒沢と言うと何か危険な響きに聞こえますが、実は源泉の成分が濃い為魚が住めない様な沢から毒沢と言う名前に成った様です。実は以前にもこの宿に行ったのですがその時は団体貸切と成っていて入れず直ぐ下の宿「沢乃湯」に立寄り湯しました。
 こちらのお湯は薬湯として有名らしく「沢の湯ジェル」と言う保湿ジェルが有りアトピー皮膚炎の方にも良いようですが、詳しい事は沢乃湯にお問い合わせください。(通販もしているらしいです)
 さてこちらのお湯は鉄分を多く含む為オレンジ色と言うかサビの中に浸かる感じでタオルはその赤茶けた色に染まってしまいます。冷鉱泉ですので当然加温されていて、浴槽の横に飲泉用の赤茶けたプラスチックのコップが有り、飲んでみると鉄臭さと「す~ぱい!!」これはお酢の「酢酸」のすっぱさではなく、どちらかと言うと果物のすっぱさで「クエン酸」の様な酸味でした。
 一般的に含鉄泉は婦人の疾患にいいようですが浴槽とそこから流れ出た成分で染まった浴室を見ると少し躊躇するかもしれませんね。
 短時間の入浴でしたがよく温まり、少し汗の引くまで休んでいるとこちらの女将さんと話す機会に恵まれ、話の内容はさすがに覚えていませんが感じの良い方で楽しくお話したことを覚えています。
 話を「神乃湯」に戻していきましょう。その一年後頃位に見ていた雑誌に無料入湯できるクーポンの中に入れなかった「神乃湯」が有り行って見ることにしました。今回は入り口に貸切のバリケードも無く、木々に囲まれた趣の在る宿屋さんで、宿屋さんとしての良い演出がされていると思います。
 さてお湯の方ですが「沢乃湯」と違って鉄分の含有量が多少は少ないのか、怪しい記憶ですがタオルがそれほど染まらなかった様に記憶しております。お湯は加温されたものと源泉の小浴槽があり、この源泉浴槽に入るのは夏場でも1分は入るのはキビシイと思うほど低温ですね多分一桁に近いの温度だと思います。温泉の味の記憶は有りませんので割愛します。 ただ帰る時にやはり無料クーポンの為か素っ気無い対応でした。
兎に角毒沢温泉は万病に良い様だ!
 おまけですが帰りに道なりに下っていくと「万治の石仏」と言う全高2.5mほどの有名な石仏の入り口にでます。
スポンサーサイト

category: よりみち

tb: --   cm: 0

休日に伊豆の温泉に遊びに行かれる方へ  

 休日に伊豆の温泉に行かれる方に少々変わった温泉の情報を思い出したのでUPして置こうと思います。
 そこは多分ご存知の方もおられると思われますが、私の感覚ではかなり温泉力が高い様に思われます。特徴は露天風呂で深めの浴槽で直下より自噴している様で「ボコボコ」とい言うか「ボコッ!!ボコッ!!」とかなり大量に噴出していました。また湯温も高めで、一度夏場に多少空腹と言うことも有りましたがトータル約10分ほど入浴し、10~20分ほど休んでオートバイで帰ろうと走り出したんですが、走り出して直ぐに湯当たりと言うよりは低血糖の様な症状で休まなければならず、幹線の県道15号線に出る前の橋の所で缶ジュースを飲んで休まなければいけませんでした。その上中々体のほてりが収まりませんした。さて温泉名ですが「山の家」といいます。静岡県賀茂郡松崎町で近くにかなり有名な大沢温泉がありますので興味のある方はGooglのマップに「伊豆 大沢温泉」と入れて ストリュートビューで幹線の県道15号線から「山の家」までの道を楽しんでみてください。(行ったつもりになれるかも)入り口の橋は以前は吊橋だった様に記憶しています。駐車場は20mほど先の山側になります。もし行かれる方(糖尿)は事前の食事と無理の無い入浴時間をお考えください。

category: よりみち

tb: --   cm: 0

〇〇に効く温泉とは  


(追記)12/16林修の今でしょ!講座(テレ朝系)で前回紹介した「重曹のお風呂」が近い内容で紹介されました。ある意味タイムリーな話題でした。
 色々な温泉にいって糖尿にいい所はないかと回っていました。選び方は簡単♪~適当に前日に地図でメジャー所からマイナー所、当時はあまりネットなどで事前に調べず行ってました。だから地図上では温泉となっていても分らない場合もありました。そんな調子で山梨県北杜市武川町柳澤の「藪ノ湯」に行きました。ハッキリ言って名前の「藪ノ湯」だけで行ってしまいました。R20から枝道に入って行くと[〇〇に効く温泉/鈴木旅館]と書かれた看板がありました。おやおやと思いましたがまあいいやと思いその旅館に着きました。立寄り湯ができるか聞き入れるとの事で風呂場まで案内されましたが大した距離でもないのに建増しの影響でしょうか迷路のようでした。お風呂に浸かるとこれといったものはなく「さら湯」のようでした。風呂から上がると休み処がありそこに湯呑と土瓶があり、『源泉』と書かれていました。風呂上りだったので湯飲みに2~3杯ほどのみました。温泉の成分表には(ナトリウム・カルシウム・塩化物泉/アルカリ性低張性鉱泉)となっていたようです。といあえず帰ることにしました、家まで約3時間ほど有りましたが2時間ほど経った頃急に「グル」とお腹が・・・夏場なので別にお腹が冷えた訳ではありません。そうです〇〇=便秘 に効くですバイクツーリングですので力が入らないとたまらずトイレによりました。ひとごこち付いて帰りました別に便秘ではなかったのに、恐るべし「藪ノ湯」 
 しかし今回この文章を書くに当たってネット検索してみると「便秘」に効くとは書いてなく「胃腸の名湯」となっております。私には効きましたが、しかもグーグルマップのストリートビューで見てみると看板には鈴木ではなく鈴本旅館とあり進入禁止のバリケードが・・・建物の特徴も合っている・・・しかし予約サイトは生きているようでまあ「みはらし」と言う宿が直ぐ近くで営業しているようなのでそちらでもいいかと思います。鈴木旅館?の「源泉」を取寄せることも可能のように書いてあります。また効能の中に糖尿病も有効と書かれていました。
 行き付けの薬剤師さんに聞くとたぶんマグネシウムが含まれていてそれが効いたんじゃないかと言われました。塩化物(ニガリの様な物)に入っていたようです。また暖かくなったら行って確かめてみようと思います。
 <おまけ>この近くの清春美術館には「ルオー」や「岸田劉生」の洋装の「麗子像」等があり小さ目な美術館ですが見応えがあります。
☆ルオーは宗教画、洋装の麗子像は確か一点ものこれだけを見にいきました。
 









category: よりみち

tb: --   cm: 0

白内障についでに経験した事  

 この病院には何度か入院しているのですが二回ほど病院にはありがちな体験をしました。もうこの病院は閉院になり、建屋は即時解体となりました。こう云えばだいたい何かわかりますよね。
 妙な事とは入院して五日目ぐらいでした、夜中にトイレに起きるとトイレの対面の病室の前にうつむいた黒い影の様な物がいました。目の手術前でしたし眠かったので見間違えだろと思い用を足して出てくるとまだいました。壁に時計が有るので時間のでを確認すると二時でした。病室に戻るときのその影の様な物を見ると顔がありません。しかし人の気配と言うかエネルギーのような物が感じられます。恐怖とか攻撃的な感じがなかったのでそのまま寝ました。
 翌朝同じ日に同室に入院した人に「夜中にトイレの前に立って居たの何?」
と聞くと「ああ160cm位のやつね」とやはり見たようで、めんどくさいからそのまま寝たんだけど部屋の前までついてきて室内をのぞいていたらしい。お経でも唱えればいいのかと思ったら「そういった者はお経が心地いいので場合によってはよけいに寄ってくるらし」との事です。当直の看護師に聞いても当然知らないと言っていました。よくある話の一でした。
もう一つは一月ほど経った頃に昼ご飯を食べ運動の為一階に行く為エレベエータに乗ろうとした時、後ろから70歳代の女性が小走りで私の後ろからエレベーターに乗ってきました。しかし動き出して振り返ると誰もいませんでした。そういえば走って来るときに薄いといううか透けていた様に見えていた様な・・・
 真昼間だし見間違いではないと思います。 ポイント:素人はお経など唱えないほうがいいようだ。 ~つなぎでした~





(よいお出汁で塩分カット)




category: よりみち

tb: --   cm: 0

ちょっと一息 効いた温泉(1)~入浴後五十肩がアレアレ?!!~  

四十肩・五十肩どちらも同じ症状で、五十と言われるよりも四十と言われる方が若く聞こえるからとか以前テレビで言っていた覚えがあります。糖尿病には直接関係ないと思いますが、糖尿病の治療を始めた頃とその1~2年後にと二度なりました。始めは「ひどい肩こり」かと思いましたが、腕が痛みで肩より上に上げるのが困難になり、両肩から二の腕にかけてこう薬(〇〇パスとか)だらけに成ってしまいした。その頃大型バイクに乗っていてバカなものでそんな状態でも乗りたくなり「湯治」と言い聞かせ温泉めざしました。ジャケットを着るにもヒイヒイ言ってたのに良く行ったものです。当初目的としたのは、山梨県北杜市須玉インターから30分ぐらいの「黒森鉱泉」を目当てに向かいました。しかしここは完全予約でダメでした。ここは後で知ったんですが源泉が「エメラルドグリーン」らしく効能も強い様で「ガン患者」の方がよく訪れる宿のようですが現在は営業していないようです。話を戻します、仕方なくが近くを見て回るとその地区で営むそば屋さんがありそこに「みずがきランド」が併設されていて入浴施設も有ると聞き入浴しました。入浴後来た時と同じようにこう薬を貼りまくりジャケットを着ると着やすいと思い『少しは効いたか?』位に感じました。翌日から忙しかったのもあって肩の痛みの事を忘れていました。そのまま忘れるところでしたが1~2年後にまた同じ症状に成ってしまいました。やはり「みずがきランド」を思い出し今度は直行で行きましたが出発時間が遅かったため約30分程つかって帰って来ましたが帰宅してココからがアレアレで、こう薬を貼っていないのに気が付きました。 これは俗に言う『つえ忘れの温泉』なのかとおもいました。この場合こう薬忘れですがそのままこう薬を貼らずにすんでいます。しかし二年ほど前に久しぶりに「みずがきランド」に行ったのですがそば屋さんは営業していたのですが「みずがきランド」は営業しておらず、そば屋さんに聞くと諸事情あって営業していないとの事、実に惜しいHPは残っているしGoogleのマップの航空写真には駐車車両が写っているし・・・また入浴できる日が来る事を望みます。たぶん神経痛に効くと思いますからです。ともあれその日は仕方なく山を越えた所にある「増富ラジウュム」に寄って帰りました。ここも効能が糖尿病・通風・筋肉疲労・精神疲労 等の病気に良い放射能泉で有名な温泉です。冷泉にゆっくり浸かりポカポカに温まって帰りました。初めて入るとなかなか冷め無いのに驚かれるとおもいます湯治にはかなりお勧めです。 これからのシーズンは紅葉もきれいで松茸を売っている所もあります。







category: よりみち

tb: --   cm: 0

フリーエリア

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

FC2カウンター

フリーエリア

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。