糖尿病になって試したアレコレ ホーム »未分類
カテゴリー「未分類」の記事一覧

フリーエリア

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

運動療法1:ジムでの運動とは  

  糖尿病になってまずは運動不足の問題があります。確かに運動不足でした、やはり鈍った身体を鍛え治さなければなりません。
 そこで動機付けのつもりで公共施設内のジムに通う事にしました。公共の競技場に併設されているもでインストラクターも一応いました。取り合えず運動の進め方とマシーンの扱い方を教えてもらいました。当初は初めてのジムでしたのでなんとなく面白かったので毎日の様に通いましたが、3ヵ月ほど通った頃だと思いますが少し記憶が定かではありませんが、夏の夕べにスタジアムのトラックを有料ですが走れるイベントが有り、(まあジムで運動もしいることだし公式トラック1周400mぐらいは走れるだろう)と思ったんですが・・・甘かったですねジムではランニングマシーンでも走っていたのに軽いストレッチをして走ったのにどうした訳か走れませんでした。そこで取り合えず筋肉、特に脚の筋肉を付けたいと思いインストラクターに相談すると、脚部とお尻部分に集中的に筋力UPするには「バーベルスクワット」と「デットリフト」が有効との事で、走る走らないと言うよりは単純にカロリー消費向上にもなるのでやってみました。当然ですがバーベルはガイド器具付きの物での何日毎に行う様にしました。軽い負荷から始め60kg位までの負荷をかけましたがその頃に仕事の関係で多少時間帯が遅くなる様になりました、すると以前から居たブラジル人利用者がウエートトレーニング場を占拠状態(地元の人は皆無)の時間と重なる様になり、空き待ちをしていても、「あと5分ね」と時間を区切っておきながら仲間に譲るチェーン状態でこまってインストラクターに言っても改善されずブラジル人の国民性に呆れました。あまりもめて殺されてはかなわ「バーベルスクワット」と「デットリフト」ない(思いきり敵意を感じた)ので他の同様の公共の施設に移りました。
 うわさには色々とトラブルが有ると聞いていました、しかし以前勤めていた会社にも日系ブラジル人の方もいましたがそんな人では無かっただけにショックでした。集団化した事と人にも因るとはとは思いますが・・・
 一方移った施設でこの事を話したら「こちらっではそのように独占状態やマナーが悪く成らない様にコントロールしています」と鼻で笑っていました。事実1度も嫌な思いはしませんでした、またブラジル人らしい人も少数でした。おかげでいい感じで血糖値とA1cも下がり蓄膿症の手術もできました。やはり一番筋肉の多い所の筋肉を鍛えるのは効果的でした。但し続けなければ・・・
<参考>「バーベルスクワット」と「デットリフト」は「You Tube」をご参考にしてください。

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

フリーエリア

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

FC2カウンター

フリーエリア

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。