糖尿病になって試したアレコレ ホーム »
最近の記事

フリーエリア

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

菊イモの効果とは  

 3・4年程前に話題になった菊イモは華道家の假屋崎省吾さんが血糖値に効果が有るとの事で話題になったように記憶しています。どんな物なのか分らずどうやって手に入れることが出来るのか分りませんでした。しかし割りと早くJA系列の農産物販売店で販売していました。ちょうど11月後半と菊イモのシーズンだったのでそれに合わせて雑誌の記事があったようでです。
 菊イモとは言うもののモチリした一般的なイモではなくどちらかと言えばシャキシャキと言うかコリコリとした食感の味のしないショウガの様な物でキク科の地下茎です。有用成分の「イヌリン」と言う食物繊維で多糖類のようです。この「イヌリン」が血糖値を適切な値のする効果が有るかもしれないらしい(厚労省は否定しているようです)ただもう少し断定的に書かれているサイトもありますね。しかし当時は何でも試していたのでとりあえず一月ほど毎食前に中位の物を良く噛んでサラダ感覚で食べてみました。まずは一口、「ナンジャこれ」?味はほとんどしないし是と言ったクセもなく「ホントに効くの?」と思いましたがやってみなきゃわからないのでそのまま続けてみました。二週間毎に通院していたので2度ほど検査する機会が有りましたが結果あまり変わりませんでした。
 その頃は血糖値が200mg/dLぐらい有り退院したばかりだったのと食べた量が少なかった為か理由は判りませんがとにかく変わりませんでした。調べてみても当然いい事しか書いてないですし、一月程度ではやはり期間が短かったのも原因として考えられるのかも知れません。
 「イヌリン」は菊芋の他にも一般的な野菜で・ごぼう・たまねぎ・ニンニク等が高濃度で含有されてるようですので摂りやすいたまねぎを出来るだけ食べる様にしています。
スポンサーサイト

category: 食事の改善

tb: --   cm: 0

「神乃湯」とは  

 長野県の諏訪湖から車山に向かう国道142号線の途中に在る「毒沢鉱泉」の三軒の宿の内の一軒です。(全国的には幾つか同名の温泉があるようです今回はこちらです)
 毒沢と言うと何か危険な響きに聞こえますが、実は源泉の成分が濃い為魚が住めない様な沢から毒沢と言う名前に成った様です。実は以前にもこの宿に行ったのですがその時は団体貸切と成っていて入れず直ぐ下の宿「沢乃湯」に立寄り湯しました。
 こちらのお湯は薬湯として有名らしく「沢の湯ジェル」と言う保湿ジェルが有りアトピー皮膚炎の方にも良いようですが、詳しい事は沢乃湯にお問い合わせください。(通販もしているらしいです)
 さてこちらのお湯は鉄分を多く含む為オレンジ色と言うかサビの中に浸かる感じでタオルはその赤茶けた色に染まってしまいます。冷鉱泉ですので当然加温されていて、浴槽の横に飲泉用の赤茶けたプラスチックのコップが有り、飲んでみると鉄臭さと「す~ぱい!!」これはお酢の「酢酸」のすっぱさではなく、どちらかと言うと果物のすっぱさで「クエン酸」の様な酸味でした。
 一般的に含鉄泉は婦人の疾患にいいようですが浴槽とそこから流れ出た成分で染まった浴室を見ると少し躊躇するかもしれませんね。
 短時間の入浴でしたがよく温まり、少し汗の引くまで休んでいるとこちらの女将さんと話す機会に恵まれ、話の内容はさすがに覚えていませんが感じの良い方で楽しくお話したことを覚えています。
 話を「神乃湯」に戻していきましょう。その一年後頃位に見ていた雑誌に無料入湯できるクーポンの中に入れなかった「神乃湯」が有り行って見ることにしました。今回は入り口に貸切のバリケードも無く、木々に囲まれた趣の在る宿屋さんで、宿屋さんとしての良い演出がされていると思います。
 さてお湯の方ですが「沢乃湯」と違って鉄分の含有量が多少は少ないのか、怪しい記憶ですがタオルがそれほど染まらなかった様に記憶しております。お湯は加温されたものと源泉の小浴槽があり、この源泉浴槽に入るのは夏場でも1分は入るのはキビシイと思うほど低温ですね多分一桁に近いの温度だと思います。温泉の味の記憶は有りませんので割愛します。 ただ帰る時にやはり無料クーポンの為か素っ気無い対応でした。
兎に角毒沢温泉は万病に良い様だ!
 おまけですが帰りに道なりに下っていくと「万治の石仏」と言う全高2.5mほどの有名な石仏の入り口にでます。

category: よりみち

tb: --   cm: 0

運動療法4:天候・時間に左右されない自転車とは  

 天候・時間に左右されない自転車と言えば答えは「エアロバイク」ですね。自分専用の体育館のような全天候型専用コースを造れる方は除きますが・・・
 「エアロバイク」は安い物でも有る程度の運動量の表示機能が付いています。 ジムなどで使われた事が有る方も多いと思われますが、私の場合白内障で夜に自転車に乗るのが怖かったのが動機ですので簡単な物で構わないと思いと飽きやすい性格を加味してホームセンターで最低額の物を購入しました。ついでに百均で洗濯機用の振動防止用パットを買ってエアロバイク の脚下に敷きました。
 さて準備が出来たところで運動開始です。初めですので軽い負荷で始め少し身体が温まったところで負荷を重くしてみたりしてアレコレやって見ました。
 まず気になったのはサドルの高さが低いので仕方なく固定用の穴から外れたギリギリの所で止めました。決して脚が長い訳ではないので、購買層の設定が女性なのかやはり安いが故だと思います。
 この機種は使ってみると使用音も少なく、邪魔な時には折畳んでおけば半分位のスペースに成る所が利点です。
 運動時間の表示がありテレビの前で1時間漕いでいます。軽い負荷でも中々汗をかきますね、ジムでもそんなに長い時間はやらないですし、自転車に乗って連続して1時間漕ぐ事もあまりないので応えます。しかしテレビの前で漕いでも景色が変わらない風が無い(高額の物では風が出る物もありますが・・・)のは仕方ないですが、運動する時間と天候に左右されない事と、それから自転車一般ですがヒザへの負担が少ない事も大きな魅力ですね。

ALINCO(アルインコ) クロスバイク4413 AFB4413

新品価格
¥15,986から
(2015/6/26 20:25時点)


category: 運動療法

tb: --   cm: 0

運動療法3-3自転車を運動に取り入れるとは  

 話は逸れましたがそれ以外は防風林のお陰で、揺ったりとした感じで走れるので寒いながらも気持ちよく走れました。
 がしかし防風林の無い所は朝よりも強い風で寒く自転車自体もすすみにくくなり、どうりで冬場の自転車乗りが減るわけです。
安いサイクルコンピュターを付けていたので帰ってから距離を見てみると約70kmほど走っていました。我ながらよく走ったものです。この時は体調が良かった様でそれほど疲れませんでした。また低血糖とかも不思議と成りませんでした。それから数度同じコースで走りました。そこでやはりキリのいい100km
までは走って見たくなりました。片道たった15kmの延長なので問題ないと思ったのですが、実際にやって見ると妙に疲れてしまい、帰って直ぐに2時間ほど昼寝をしてしまいました。この30kmの差は思っていた以上に大きかったです。それから数度走って見ましたが同様の結果でした。
 それよりも納得がいかないのが、距離をたくさん走った割りに血糖値も体重もあまり下がりませんでした。
 かと思えば昼ご飯を食べて1~1.5時間休んで自転車に乗ったのに、たった15分程度走った所でチョット停まって走ろうとしたら、目の前が真っ白に成り低血糖を起こし倒れてしまいました。少し休んで家に帰ったのですが、家の前の
緩やかな坂が上れず自転車を押す始末、その事を当時の主治医に言ったらなんと「おまえが低血糖起こすわけが無い!」と訳の分らないことを言われました。確かに当時血糖値が高かったですが・・・ みなさん医師選びは大切です!!それからはあまり長距離は走らなくなりましたが今度はたまに坂道の繰り返す道などを走るようにしました。
 運動として自転車はウォーキングと比べると膝への負担が少なく良いのですが、白内障をした事も有り夜に自転車に乗るのは控えており、また雨には勝とうとは思わないので天候に左右される所はしかたないですね。
 効果はもっとあっても良いと思うのですが・・・

category: 運動療法

tb: --   cm: 0

運動療法3-2:自転車を運動に取り入れるとは  

 またここがチョッとした峠のように成っていましたが、1~2週間かかって何とか止まらずに上れる様になりました。すると多少の自信になり徐々に距離を延ばす様になり一月もするとかなり急な坂(約100mで20~25m)まで上がる様に成りました。但し上がりきった所で長時間の休憩にはなります~笑~
 ともあれ徐々に馴れてきますのでたまには違う所に行きたくなります。そこで海に行ってみようと思い物は試しで昼間に行ってみました。行ったのは初冬でしたので寒かったですが何とか行ってこれました。片道はその頃夜走っている距離と大して違わなかったので何とかなりました。しかし数回目からは冬の強い風(浜風?)で大変でした。自転車に乗り出して約半年でそこそこの脚力も付いた様で、「ここは上がれないだろう」と思う(約10mて8m上がる)ような土手を上がれる様になりました。スキー場で言えば滑り降りるのにチョット考えるような角度です、自転車で下るのはさすがに止めましたがこんな事が出来るのもマウンテンバイクだからだと思いました。
 海まで行っても午前中に帰ってこれるので、もう少し走っても良いのかと思い
海沿いの道を走ってみました。平坦な道ですので気楽に試してみました、冬場と言う事も有り数台の自転車しかすれ違いません。その代わり歩道・自転車道なのにジムニーとすれ違いました。どうにも一部のジムニー乗りには法律は関係無い様で「無法者ジムニー」は健在です。

category: 運動療法

tb: --   cm: 0

フリーエリア

プロフィール

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

FC2カウンター

フリーエリア

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。